楽々バイオリンライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 上高地は鳥見天国

<<   作成日時 : 2013/05/13 20:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

夜行バスのさわやか信州号で上高地へ行きました。

目的は1に鳥見、2に山の景色、3に温泉で〜す。

バスの乗客はほかに男性2人だけ。ありゃ、これじゃ赤字だわ。

朝5時に着いたらこんな感じ。小雨がふったりやんだり。

画像


雨具を着込んで梓川沿いの歩道を下流に向かって歩き出しました。

すると、なんと言うことでしょう!

いきなり、青い鳥がすぐそばの木の枝に。オオルリがお出迎え。

あとはつぎつぎと鳥さんが。

アオジ、コガラ、コサメビタキ(たぶん)、キビタキ、ウグイス、と、豪華メンバーが次々と登場。
アオジが多いです。あちこちでさえずっています。人相じゃなくて鳥相は悪いけど、いい声でさえずります。

霧雨で人もいないのが幸いしたのでしょう。ラッキー!

大正池につきました。

画像

幻想的で美しい水面。

岸の河原に目をやると、イカルチドリ、セグロセキレイ、キセキレイ、マガモ、イソシギ

林の中から梓川の河原にやってきています。ゴジュウカラ、エナガコゲラ、それから、えーと、、

次々といろんな鳥が現れます。すごいすごい!
出会った鳥の名前を忘れないようにしないと、と思ったけど、キッと忘れてしまった鳥さんもいます。

鮮やかな黄色のキビタキが、縄張り争いでオオルリに飛びかかって追い出そうとけんかしていました。

びっくりです。そんな光景は見たことありません。

夜行でほとんど眠れなかった疲れもわすれてしまいました。

昼頃から本降りになってきたので、乗鞍高原の方にバスでいって、おそばのおいしいお店をみつけてお昼を食べて後は温泉です。上高地の宿はお高いのでこちらにしました。乗鞍高原休暇村です。

翌日はすっかり雨も上がり、快晴。

画像

牛留池から見た乗鞍岳。

池巡りをして水芭蕉をみたかったのだけど、こちらはまだ残雪が凍結してて歩ける状態ではありません。
あきらめて、また上高地へもどりました。
すると、昨日見えなかったこんな景色が!絵はがきではありませんよ。実際の写真です。
画像


わーい! 穂高連峰をこんなにきれいにみたのははじめてです。夏には雲に覆われてることが多いのです。

画像

明神岳と梓川の流れ
いつまで見ていても飽きません。穂高もよく登ったのです。当時、上高地は単なる登山の起点にすぎなかったのでした。改めて上高地を鳥見目的で訪れるのもいいものです。

画像

焼岳もきれいに見えます。

今日は観光客も次々とやってきます。人間が涌いてくると、鳥さんは森の奥に隠れてしまいます。
昨日の道にはもう昨日見た鳥さんはいませんでした。
カケスウグイスを見ました。
明神池までのコースを散策して、またさわやか信州号に乗って帰ってきました。
帰りの車窓からは八ヶ岳連峰も南アルプス白鳳三山も美しく、楽しめました。
山が見れて幸せ!

いいなー、上高地の鳥見。早朝が狙い目です。
難点は上高地の飲食店は銀座並みだっていうこと。お値段が!
でもまた来ようっと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
絵葉書的写真の連続でびっくりです
家人は健脚仲間と登山・・。私は「山頂から始
める登山ー膝が痛くても大丈夫」という本を
発見して、ちょっと希望が持てました(笑)
それにしてもスゴい種類の鳥さんですね〜。
びわ
2013/05/14 19:57
びわさん、私が頻繁に鳥見の旅にでているのは普段の歩きの足らないのを取り返すのが目的でもあるので、あちこち出来るだけ歩くようにしています。昔から旅好きなのでやめられませんわ。今回は雨のち晴れで穂高の雄姿を拝めてよかったです。鳥さんもすごかったですよ。
しらこばと
2013/05/14 22:38
あ!上高地だ!今はもうあそこの道路であっちからとこっちからの車の調整でしばらく停車!はなくなったんでしたっけ?
エメラルド
2013/05/15 10:51
エメラルドさん、沢渡から先の道は山岳道路であちこち崖崩れしそうなところがいっぱいで、いついってもどこか工事中で片側通行ですよ。遠くから見るとよくあんな道バスで通れるなーとぞっとします。
でもだいぶん事情はよくなってるみたいですが、保険に入ってからいった方がいいかも・・。
しらこばと
2013/05/15 13:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
上高地は鳥見天国 楽々バイオリンライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる