いままでのこと その4 R先生のレッスン

R先生のレッスンに週1回通い始めました。
まずボーイングの基本から。
それから左手がぜんぜんダメ、といわれ、先生のオリジナルプリントで左手の形から練習。
後で見るとそれはセブシックというほんの最初に出てくる左手の練習課題とよく似ていました。
でもいろいろ違いました。
ハ長調なので、DA線は1と2がくっつくかたち、E線は1の指をうんと下げる形となります。
これは初心者にとってはうまくいかないしきつい、のです。
ハ調調の音階も最初からやりました。音程を徹底的に直されたのです。
Faがいままで思っていたのとちがうのです。かなり低いのです。それがバイオリンの音程なのだということをおしえられました。先生はピアノを使いません。

ボーイングと左手の練習が数ヶ月続いた後、新しい教本2巻にはいって、ハ長調のところからはじめました。
音階とエチュード中心で、運指(左手の運び方)をこれまたきびしくやられました。
指の形を作ってから置くことと、おいた指を残すことと、音階の下りは指を先回りするのです。
教本の2巻のエチュードはそのための練習曲だったのです。ただ音がだせればいいというレッスンではありませんでした。
その後、先生はいろいろな基礎練習のプリントをくれて、ボーイングやら重音やら、打弦の練習やら様々な基本の練習をおしえてくれました。このプリントはファイルにして今も大切につかっています。

半年以上たったころ、カイザーとセブシック8巻にはいりました。
カイザーはインターナショナル社版を指定されました。指番号の指定があってその通りにしないといけないのです。
日本の出版社から出ているのは指番号の指定がなかったと思います。
カイザーは音程を正しくとることを中心に練習しました。
カイザーをとおしてほんとにいろいろ学びました。音譜の読み方、ダブル♯のとりかた、音程のとりかた。

曲の練習もだんだん入るようになって3巻の曲やザイツを教わりました。
ポジション移動の練習にはセブシック8巻がはじまりました。
前の先生にポジション移動は3ポジくらいはならっていました。
でもこのセブシック8巻を教わるようになってポジション移動の概念が変わりました。
ポジション移動は左の指全部、どの指からでもいどうして使えないとだめなのです。
この練習はちょっとつらいものでした。うまくいかなくて、なきたくなりました。
そんな調子でカイザー、セブシック中心のレッスンがずっと続きました。
曲は3巻の曲をいくつかやった後、先生がバッハのコンチェルトをやりましょうというのでどんな曲かもよく知らないまま楽譜を買いました。♯4つの2番からやらされて、音階練習だけで数週間、最初の1ページ目の譜読みと音程の修正だけで何ヶ月かかかりました。
この曲はかなりわたしのレベルでは難しい曲です。しかし先生は難し目の曲を先にやっておけば、教本の曲がカンタンにひけますよ、というのです。そのあと教本のエアバリエとかをやったら、ほんとにそんなに難しく感じなく弾けたのです。
R先生のレッスンはそんな調子でした。私はちょっと内容は難しくて大変だけど、他の教室ではこんなレッスンは受けられないだろうと思って、ほとんど休むことなく通ったのです。
つづく



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント