アドリブはテキトーに

今日も暑さにめげず、レッスンに行ってきました。
ボーイングレッスンのあと、クロイツエル39番。
先生が開口一番、「ここ全部(上4段)、練習はできました?」
わたし「はい、もちろんです!」
先生「それはすばらしい!」

そして4段まで通して弾くと、先生「そうそう、その感じでいいですよ」と、お褒めの言葉。
それからすこしずつ、音程修正とやわらかに音を合わせるように、と先生のお手本についてまねをして弾きました。

この手の重音の弾き方にだいぶんなれてきたのか、前ほどは、大変という感じがしなくなって、ごく普通に弾けるようになってきました。音ぷの配列で、パッと指の形が出来るようになりました。
クロイツェルの重音エチュードの威力はすごい。
とくにこれはいい曲だと思います。
このあと、全25段あります。ぜーんぶ重音で弾くのです。最初の音だけ重音であと単音とか、組み合わせがいろいろでそれを守るのが大変。8分音ぷで切るところ、4分音ぷで重音をのばすところとか、、。
次の4段がまた宿題です。
来週はレッスンがないので、十分ひきこめそう。

曲はチゴイナーワイゼン。最初から2ページ終わりまで一通り弾きました。
アドリブの細かい音符のところがまだ速く弾けません。
先生のアドバイス、
小節ごとの速さを相対的に考えて、ゆっくりのところはもっとゆっくり、のばしてたーっぷりひくように。
音符の長さは楽譜にこだわらず、テキトーでいいから、、。 
 だ、そうです。感性で表現しろ、ってことでしょう。
フラジオはちゃんと音が出ました。前の曲のフラジオよりは簡単です。
二週間でもっと弾きこんで、アドリブはすらすら弾けるようにしたいです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント