きつい指づかい  クロイツエル39番の練習

39番の5段目からあとにとりにくい指づかいが出てきます。
たぶんこの練習曲のポイントだと思います。

画像


A線3ポジのFisを4指で、E線1ポジのFisを1指で、どうじに押さえます。
これらは当然同じ音にならないといけません。Fisですから!
しかもちゃんとダブルで音が出ないといけません。4指がE線に触れないように。
同じパターンで、D線3ポジのシ(H)とA線1ポジのシ(H)もあります。

こんな風に押さえます。
画像

この写真よりもうちょっと、1指を向こうにのけぞらせるようにしないと同じ音になりません。
きつーい!
2,3指はわかりやすいようにわざと上にあげています。実際は弦の近くです。
やはり弦から離した方がとりやすいです。

画像

アビテックスのガラス窓にうつった左手。
この体勢をとるために、前の音からつながりません。音がとまっちゃうよー!
今週はこれの練習でたいへん。
39番はやはり甘くなかった!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント