ねむ、ねむ~

なんだかあつくてだるくて~、おなかに力が入らない。あたまがフリーズしてます。
仕事するのもかったるいので、レッスン日記書くことにしよう。
 
昨日は6月最後のレッスンでした。
先生に言われた次の曲の譜読みはしてないので、なんていおうかな、と思ったけど正直に
「先生、譜読みはしてないので前回の復習でお願いします。」っていっちゃった。
そしたら先生、あ、そう、って感じで、全然OKでした。

エチュードはドント3番。前回と同じ。
先生のピアノに合わせて弾いたら、わりとスムーズにいけた。
「ずーっとよくなってますよ。音程もとれてるし、、。」といわれ、
「じゃ、これはもうじゅうぶんでしょ。次はどれにする?」と先生。
どれにするのかって、生徒に聞く先生って、どうよ?と思いながら、「弾けそうなのはどれでしょうか」ときくと、
4番なんかいいんじゃないかということで、先生がちょっと弾いてくれた。重音のすごい響きです。
「そんなに難しくないですよ。」「そうですか、じゃこれにします。」というわけで次は4番に決まりました。

曲もビオッティ22番の1楽章の後半の方をもう一度弾きました。
曲調が変わるところの音程が難しい。前回と同じような感じであまり進歩がありません。
最後の方の重音はまあ、そう難しくはないのですが。
後は、最初から最後まで通して弾きました。
先生、「この曲はもう飽きたでしょ。次、ブルッフいきましょ。」って、やっぱり先に進めたいみたい。
先生の方が曲を進めたがってるって、どうよ・・と思いましたが、
次はブルッフの譜読みをしてくることになりました。

うーん、性格は気さくなとてもいい先生なんです。
でも、なんかいまいちレッスンが物足りない。
ここを特に直されたとか、教わったとか、気がついた、とか、そういうのがない。
厳しくされることもないし・・。曲をただピアノに合わせて弾くだけ、みたい。
音程を所々直されるくらいで、。
このままではあれこれ曲を弾き散らかすだけで終わってしまいそうな気がしてきました。
悩み中。
実はちょっとほかの教室を探してみようかな、とネットを見たりしているのです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

エメラルド
2011年07月01日 17:55
一応節電で会社が扇風機なのでダレダレです。仕事になりませんを言い訳にちっとも仕事をしてません
趣味で習っているのであんまり厳しく言われてもやる気無くすし、何も言われないと「どーせ趣味でやってるんだからどーでもいい」と思われてるみたいで嫌だし。そこらへんのバランスなんでしょうかね。でもブルッフは良い曲です。私は大好きです
hendelmama
2011年07月01日 22:33
エメラルドさんこんばんわ。ダルダルで仕事になりませんよね~。
私は元々体育会系なので、ビシビシとコーチにしごかれたい、系なんですよ。なんか刺激が無くてね、今の先生。レッスン料お安くないのに・・。って、扱いにくい生徒です。
うに
2011年07月02日 10:29
私もhendelmamaさんと同じで(体育会系)、厳しいほうが好きです。
バイオリンって、そういう楽器だと思います。
正しい厳しさ、というのが前提ですが。

hendelmama
2011年07月02日 21:38
うにさん、こんばんわ~。うにさんが
体育会系?というイメージではなかったので意外です。
楽器ってスポーツと同じ面があるから、フォームとか指の形とか、自分だけだとどうしても楽をしたがるから、そばでビシビシ言ってもらわないとね。そのためにお月謝払ってるんですもんね。
でも生徒が年寄だと若い先生は遠慮するのかも、ですね。