違いがわからん・・

近頃音の鳴りがわるくなっったので、弦のせいかなと思ったので弦を交換した。

手帳につけているのでみてみると前回変えたのは4月中頃だった。5ヶ月も使ったわけだから、鳴りが悪いわけだ。
だいたい3ヶ月~4ヶ月くらいで変えている。

で、私の使っている弦は、ほぼ決まっていて、インフェルド赤が定番。
たまにビジョンチタニウムソロ、これは発表会などあるとき使う。ほぼどちらかである。
別に特に気に入ってるとかではなくて、
まあまあ、いい音色でお値段もお手頃、だから。ビジョンは華やかな音がするから。
というだけ。それ以外のはあまり試したこともない。
理由は「面倒!」だから。

それと、どの弦も「違いがわからん」から。

私は正直弦なんかどれでもええやん・・と思っている。つまり、音色に鈍感?なんだろう。
よそのブログなどで弦の音色の繊細な違いをレポートしてるのをお見かけするけど、ふーん、そうかな~と感心するばかりである。

今回は在庫がなかったので、買ったまま眠っていたのを張ることにした。在庫一斉セールだ。
ロイヤルオークファイバーという弦。
前一度使ったとき、とにかく長持ちしたから。
張ってみても、やっぱり違いがわからん・・(爆)
いえるのは「張りたてはいい音がする」
それしかいえんのかいな・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

びわ
2011年09月10日 22:15
しらこばとさん、弦も進化してマメに変え
るんですねえ・・・。
昔は切れるまで使ってた様な・・(^_^;)
古~いWIEN製の弦がありますけど、どんな
音になってるのかしら、と思います。
今日は息子の結婚式で讃美歌の後、大柄な白人
神父さんがヴァイオリンで「エーデルワイス」
を弾いてくれましたが、やっぱり手が大きいの
はお得ですね。
しらこばと
2011年09月11日 09:54
びわさん、えっ!息子さんの結婚式!、それはそれはおめでとうございます。神父さんがバイオリンを弾いてくれる結婚式って手作り感いっぱいで思い出に残りますね。お幸せに~
弦は昔はどうだったのか知りませんが今は次々と新製品が出て、かえって迷いますね。結局面倒なのでいつもの、になってしまいます。
エメラルド
2011年09月11日 15:34
私も弦の違いが解りません。違いは値段!あと切れやすいとか。今はドミナント(それもシュタルク)、オブリガートをごちゃまぜです。先生はドミナントが音の反応が良いって言ってました。例えば重音の時にちゃんと弦に弓が乗って無くても音がかすれないって。オブリガートは柔らかい音だけど反応がドミナントより劣る。ビジョンは値段が安い割には音が良いなど。私には解りませんけど 1本が安くないですよね。特にG線。ほんとバイオリンてお金が掛かります!
しらこばと
2011年09月11日 19:21
エメラルドさん、弦は高いものを長く使うより、安めのものをこまめに交換する方が常にいい音がすると思います。ビジョンはお安いです。チタニウムはややお高いですが円高でセットが4千円台になってたので注文しました。おぶりガードはお高いですね。
結局どれでもそんなに違いはないかと・・・
エメラルド
2011年09月14日 09:15
おはようございます。右端のマイリンク集の下にある《メッセージを送る》からしらこばとさん宛てに送りました。届いてますか?