ミルシュテインに学ぶ

フォームというか、楽器の保持位置について修正中。

大好きな巨匠ミルシュテインさまのDVDを見て、フォームをがん見。

自然にまっすぐ立って、楽器は肩より前、胸の上のほう。

頭はまっすぐ前を見たり、左を見たり、よく動く。楽器の位置も曲の場面によって弾く位置を微妙に変えながら

とにかく変幻自在、自然体だなー。

そのほか、有名なサイトの楽器の持ち方のところなどを改めて読むと、気がつくことが多い。

あごで楽器を固定しないように、と。

そか、わたしはあごの方が楽器を押さえにいっていた!

だからクビの中心線が左にずれていたんだな。

まっすぐ前を見たままで、楽器の方を胸の左前に引き寄せる。

今までより、肩から前に出してみる。角度を調整すると、ちょうど安定する位置がある。

顔を楽器に向けても体の中心線を外さない。クビを傾けないようにする。

それで弾いてみると、

あ、なんかしっくりきてる?ボーイングも、左手も解放された感じで、らく~。

ちぐはぐだったジグソーパズルがぴったり収まった感じ。体で楽器を弾いてる感じがする。

ほんの少しだけど、何かが変わった。

ミルシュテインさまさまだ。

あと、参考になった本。

高岡英夫著 「身体意識を鍛える」 青春出版社1300円













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

びわ
2012年04月22日 23:36
しらこばとさん、フォーム改造が
上手くいってよかったですね。
私は今年は体の左側に難が続き
ますので、体が歪んでいるのか
もですね。
しらこばと
2012年04月23日 13:51
びわさん、まいどおおきに(笑)
フォームは常にチェックしないと癖になるとなおしにくいものですね。体の中心線をいつも意識するようにすると違うかもです。たいていの不調の原因は骨格のゆがみからくることが多いようです。痛みとかは体の使い方の間違いを教えてくれるサインなんですね。ありがたいものです。
エメラルド
2012年04月23日 14:40
しらこばとさんのミルシュテイン様は肩当てをお使いになっていらっしゃらないようですね。いいな~。肩当て無しで弾けて。
しらこばと
2012年04月23日 23:20
ミルシュテインさまも巨匠の多くの方々は肩当てなしで弾いてますね。背広の内側に何かパッドのようなものでもはいってるのかしら、と思うくらい、胸板あついですね。(笑)左手で軽く支えているようですね。わたしは肩当てなしでは無理です。
カザリンガ
2012年04月24日 02:29
マキさんの掲示板にタワケイで投稿していた者です。初めてこちらに投稿させていただきます。

しらこばとさんが昨年マキさん掲示板に書き込まれたコメントに触発されて、一昨年の12月からカイザーに取り組み始めたカザリンガです。今年から小野アンナの教材でのスケールも加わり、アップアップしているところです。でも、お陰様で随分音程が良くなり、ポジション移動も安定してきました。

しかし、私にとって永遠の課題とも言えるのが、楽器の構え方なんです。ヴィブラートを楽にやるためには、左腕が窮屈にならないように楽器をかなり前の方に構えないとダメだと思うのですが、そうすると楽器をきちんと支えられなくて、心地悪いのです。でも私の先生は、「楽器は左手で支えるべきで、顎と肩で挟んで安定させるものではない」と宣うのです。

安定して楽器を構えられたら、何もかも楽になるように思えるのですが、他の人は楽器の構え方に悩まないのかなぁ~?といつも疑問に思っていたので、このしらこばとさんの書き込みに興味を持ちました。
しらこばと
2012年04月24日 13:15
タワケイさん?いやカザリンガさん、ようこそいらっしゃいませ~。ま、ま、お茶でも・
あちらの掲示板はご無沙汰しています。今はブログばかりで、ああいう掲示板は貴重な存在ですよね。常連の方がちょっと個性的すぎですけど。(笑)
楽器の構えは試行錯誤の連続ですね。今回は先生に体の線がまっすぐでないといわれたので、もしかして軽い腰痛が治らないのはそのせいかなと思って、見直してみました。
今までは楽器を肩にのっけて顎で押さえつけていた(オーバーにいうと)のです。今回の発見のポイントは体の中心線(背骨から頭頂まで)をずらさないよう意識する、ことでした。楽器の方を引き寄せて顎を軽く引いて、あとは角度と肩当てを調整すればちゃんと安定する場所があるはずです。顎も頭もフリーにします。するとおなかの力が楽器に伝わって、わずかな力で思った通り弾けるように感じました。ボーイングもすごくやりやすくなりました。スポーツや武道とおなじなんですね。大発見でした。
wakaruサイトの先生の動画も改めてみるとなるほど、と思いました。こういうことは自分で「会得する」ことなので、口べたな私がうまく説明するのは難しいです。参考にしていただければ幸いです。
フォームについては体をこわすような癖をつけない、ことが
一番だと思います。
お互いにまだまだ発展途上だと思いますが、「みんな悩んで大きくなった」ので、情報交換出来るような場所があるといいですよね。
またいつでもいらしてくださいね~。
カザリンガ
2012年04月28日 17:51
しらこばとさん、レスありがとうございました。

>常連の方がちょっと個性的すぎですけど。(笑)
そうなんですよ~、変わり者のおじさんが多くて・・・でも女性はマトモな方が多くて掲示板の外でもお付き合いさせて頂いています。

>wakaruサイトの先生の動画も改めてみるとなるほど、と思いました。

ヴァイオリンが分かるの石田さんのことですか? だとしたら、今は彼が私の先生です。相談すると一生懸命見てくれますが、なかなか難しいところです。

でも、最近分かったことがあります。私は弦楽アンサンブルとかオケをやっていたので、ずっと座って練習をしていたのです。それで、首と顎を前に出して弾く癖がついていて、その為に楽器をきちんと構えられていなかったのです。

頭を支える為に首の付け根の後ろはガチガチに凝って、それを先日エステに行って指摘されて気がつき、今は立って練習するようにしています。何となく良いような気がします。
しらこばと
2012年04月28日 21:49
カザリンガさん、そうそうあの掲示板の女性陣はマトモといいますか、すてきな方が多いですね。ときどきへんな書き込みがあったり、あれだけ有名だと管理人さん大変ですよね。
カザリンガさんがwakaruサイトの先生に習っていることは知ってましたよ。わかりやすい動画がのっているので参考にしてます。
わたしは上の記事に書いた方法で、腰痛がすっかり消えましたよ。フォームは大切ですね~。