J.S.Bach Partita No1 Allemanda

小節の頭の重音を一発でそろえるのがミソ。
指の準備が間に合わないよー。もたもたしてます。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

エメラルド
2012年05月01日 23:58
しらこばとさん。その速さでよく弾けますね!あたしゃとても無理です。またバッハが弾きたくなりました。しらこばとさんのバイオリン、ホント、良い音ですよね!
しらこばと
2012年05月02日 12:51
えっ? 速いですか?CD聞くと、この曲はゆったりと弾いていたので自分に「あわてるな、あわてるな」と言い聞かせながら弾いたんですけど・・。
音をほめていただいて有り難うございます。えめらるどさんも新しい相棒がいい音すると思います。聞かせてくださいね~。
エメラルド
2012年05月02日 14:39
確かヴィヴァルディとドンジョバンニがおニューの奴で録音したと思います。録音だと違いが解からないですよね。自分で聞いても解かりません
アルマンドの次の曲が結構激しい奴でしたっけ?
しらこばと
2012年05月02日 20:29
エメラルドさん、録音レベルをちょっとあげてもらうと違いがわかるのではないかしらん。
パルティータはアルマンド、ドウーブル、クーラント、ドウーブル、という組み合わせで全10曲になっていて、ドウーブルはテンポが速い曲です。わたしもバッハのおもしろさがちょっとわかってきましたよ。