2012年のまとめ

さて、そろそろバイオリンのことでも・・・

2012年に練習した曲を振り返ってみました。

エチュウドは
ドントOP35 から、11番、2番、13番、17番、20番、16番
わたし、このドントOp35はけっこうきにいってました。
エチュードにしては楽しいです。むつかしいけど。挑戦する楽しさがあります。
また弾きたいな。

パガニーニの24カプリスから、16番、13番

バッハ 
パルティータ2番から クーラント、サラバンド、ジーガ
パルティータ1番から、
  アルマンダ、クーラント、サラバンド、テンポデブレア、各Double
ソナタ1番から アダージオ、フーガ、シチリアーナ、プレスト
パルティータ3番から ルーレ

曲は
ヴィエニアフスキー コンチェルト2番OP22 1,2,3楽章
メンデルスゾーン コンチェルトEmol Op64 1,2,3楽章

たくさんやりました。
全部が全部弾けたとはいえないけど、一応譜読みして、
それなりに、ある程度、は弾けた?かな・・
バッハがいちばん自分に合ってたような気がする。
その他はちょっとハイレベル、むつかしかったなー。

でも、いいんだっ。
先生のいうには「つぎに弾くときはびっくりするくらい弾けるから」だって。

今やってる曲は
バッハ パルティータ3番から、ガボットエンドロンド
前に6巻でやったのと指番号などがぜんぜん違う。
で、すごく弾きやすい。
前に四苦八苦してたのがウソみたい。
なんだ、簡単じゃんって感じ。いえ、指番号が、ですよ。

パガニニ 20番  ハイポジの重音、これどうやって弾くの?と頭を使う。
これを弾くにはまず、ハイポジの重音の音階練習しないと弾けません。それでまず、カールフレッシをやります。

メンコン1楽章 弾きこみ もうちょっとなんだけどなー。速びきが鬼門。とたんに音程がだめだめになる。とにかく音程を正確にをめざして。

新曲はサンサーンス コンチェルト3番OP61
この曲かっこいいんだよねー。
イタリアからおとりよせの楽譜は指番号がほとんど書いてないので、先生にお借りした江藤先生のテキストを併用。 
先生いうには、必ず全体のでてる楽譜を見るようにって。
ぼちぼち譜読み中。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

びわ
2013年01月04日 23:26
しらこばとさん、随分沢山練習されたの
ですね~(@_@)
次に弾くときはびっくりする位弾ける・・
って先が楽しみですね(^o^)
「江藤大先生」の楽譜・・見るだけで卒倒
しそう(笑) 御利益は計り知れないと思い
ますよ~。
しらこばと
2013年01月05日 18:23
びわさん、先生がいつもそういうんですが、ほんとかしらね・・。
原譜はみるとくらくらしますが、江藤先生の楽譜は指番号やらアップダウンが細かく書いてあってとても親切ですよ。文学的表現が多くて、「あたかもフランス語で喋っているようにやわらかく・・」とか、「心深く」とか書いてあります。(笑)
ただ誤植が多いそうです。
エメラルド
2013年01月08日 15:39
しらこばとさん、沢山やったんですね
私はとにかく早くクロイツェルを終わりにしたいですよ。曲は進まなくて良いです。もーークロイツェルは疲れる
しらこばと
2013年01月08日 22:28
エメラルドさん、曲の数だけは多いですよね。でも中身はいまいちですよ。
クロイツエルは32番から先が大変ですよ、きっと。覚悟してどっぷりつかってくださ~い。
エメラルド
2013年01月09日 11:03
うちの先生も「後半はかなりハード」と言っちょりました。で、あまりにも難しいのでだいたいの人は後半は飛ばし飛ばしか、別のエチュードへ移行するそうです。しらこばとさんは全部通したんですよね?凄いです!
しらこばと
2013年01月09日 12:46
やらなかった曲もありますがほとんどきっちりご指導されました。41番が最凶だったと思います。それに比べれば42番は楽勝~と思ったら、先生「これはやらなくてよろしい」で、めでたく終了になりました。