バッハの弾き方

あ~あ、鼻風邪が直りそうで直らない。どうしたものか・・

葛根湯をちょっとのんだけどあまり変わらず。
微熱がつづく。
10年以上ぶりで風邪ひいた。
ランはお休みしている。

先日はレッスンにいった。
挨拶しただけで、先生が「あら、おかぜですか?」って、よくわかるね~、かぜひいてんの。

音階Amol  5番はすらすらひけるようになって、褒めていただいた。
半音階  指づかいがかいてあるけど、ときどき、あれ?ここはどうするのかなーってわからないところで引っかかる。
12,12,でもいいですよ、っていうけど、どれにするのか決めて欲しい。
カールフレッシュは上下にちがう指番号が書いてあるので時々混乱する。
下段のほうがやさしめ、みたい。
あとは姿勢とか重心の置き方とか、フォームの注意。重心を「太ったおっさん」のようにもうちょっと下に落とすように、といわれた。今は姿勢のいいバレリーナみたいだって。
太極拳で習ってことと似てる気がする。

きょうはRODE6番前半をみていただいた。
やっぱ、リズムの速いところと遅いところの区別がポイント。
これ、バッハよりむつかしい。
次回もう一度前半やって、後半も譜読みしてくる。

バッハソナタ2番 Grave
前半弾いて、フレーズごとにいろいろ教わった。
最初重音でつぎに1音だけ残してつぎにつなげるというのがあちこち出てくる。
この1音をのこしてのばす、というのがポイント。
しっかりのばして、あまり楽譜の音符にこだわらなくてもいいんだって。
そういえば、CDのミルシュテインも楽譜道理弾いてない気がする。
強調したい音はしっかりのばすと、旋律がきれいに浮き上がるようだ。

なるほど~と感心することばかり。
やっぱり、先生のレッスンはいいこと教われる。

と、つぎの生徒さんが入ってきた。
中学生の男の子で、みょーに大人びた会話のできる子なのだ。
「親がきびしいから」だって、自分で言ってるよ!
変な子。
発表会でほかの生徒さんにもあえてよかった。
生徒数は少ないけど、和気藹々とした、いい教室だとおもう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

エメラルド
2014年10月12日 23:56
私なんていまだに「A線レとE線ラは同じ場所だっけ?A線ドとE線ソは?」なんて考え込んでますよ。これが瞬時に解らないから隣の指とくっ付けるのか1音空けるのか、もしくは2本同時に押さえるのかで迷うんです。
風邪、早く治るとよいですね。
しらこばと
2014年10月13日 18:26
エメラルドさん、そうそう、指の位置関係を知っておくのが音程の決めてですよね~。特にハイポジになるとわからなくなりますね。レとラ、ドとソは何線でも5度の関係だからすぐ横って覚えていますが、♯、♭がくっついてくるとだんだんややこしくなりますよね。
エメラルド
2014年10月13日 19:26
そうなんです。指の都合により、臨時で隣の指を使うとまたまた解らなくなります
しらこばと
2014年10月14日 13:50
えーと、高いポジションでの音の場所の取り方のおはなしですかね?それだったら、指番号で覚えるのではなくて、「指板上のだいたいの場所」を覚える方が手っ取り早いかと思います。あとは音を聞いて微調整、ですかね。
エメラルド
2014年10月14日 22:14
たまにどれがどの指か理解不能になるんです、わたしの脳は。
「中指離して」と先生に言われ「え?中指?中指」。目は中指を見てるんですけど、脳から指令が行かないんです。それで「これだよ!」と中指をツンツンされます。そうすると中指と人差し指の2本が弦から離れます。本当におばかです。
しらこばと
2014年10月15日 13:05
あ~、それ私もありますよ。
薬指をあげるつもりが別の指が上がります。
脳の指令が混乱してしまうのです。4本の指でこれですから8本あるタコさんなんかの方が賢いんですね。