水毒にやられたらしい

1ヶ月まえからつづいていた、鼻水が止まらない症状。

明け方に寝汗がびっしょり。鼻水が止まらなくてテッシュが山盛りになった。
これは風邪ではないな、なんだろう。
テレビでやってた、寒暖差アレルギーか?
寒いのか暑いのか、よくわからない。
体温調節がうまくできてないような感覚。
たしかにそうみたい。
でも、なんでそうなるのか?

考えに考えた。東洋医学の本を読むと、「水毒」の症状にぴったりだ。
原因は水分代謝の異常。水分の取り過ぎと、体の冷え,と書いてある。
そういえば夏の終わり頃、異様に足が冷たいなと思った。
部屋は暑いのに,足がひえるので、レッグウオーマーをつけて寝た。

水毒には小青竜湯が効くと書いてあったので、ドラッグストアで漢方薬を買ってきて飲んでみた。
漢方薬はすぐには効かないが、三日目くらいから、だんだん鼻水が出なくなった。
体が温まってきた、というか、締まってきたように感じる。
ショウガ湯も毎晩のんで、お風呂は半身浴を長めにするようにした。
だんだん正常にもどってきたみたい。
鼻水はまだすこしあるけど、症状はムリに押さえない。
体の異常を知らせる大切なメッセージだから。
「鼻水」に感謝、感謝。

夏は熱中症予防に水分をとれ、とテレビなんかでうるさいけど、不用意にとりすぎないようにしないといけないな。

この記事へのコメント

エメラルド
2014年11月07日 22:37
あ~私も最近鼻水と鼻づまりがなおりません。元々アレルギー性鼻炎なのでね。部屋を掃除してないせいかな?ハウスダストアレルギーざます。
「水毒」ってのがあるんですね。私は昔からあんまり水分は取らない人間です。トイレが近いから取らないのか体が水分を欲しないのかは解りません。でも水分は取らなきゃいけないと私も聞いてるので会社ではお茶やコーヒー紅茶などは結構飲みますが、休みで家に居ると食事の時にしか飲まない気がします。
しらこばと
2014年11月08日 17:33
エメラルドさんも鼻炎ですか?
東洋医学によると、水分過剰で体が冷えてよけいな水分が鼻水などで排出しようとするらしいです。体が冷えると免疫機能が落ちて血液が汚れるのです。水分とって血液さらさらっっていうけど、とりすぎは逆効果なのです。
体がほしがらないのにムリに水分とらなくてもいいのでは?
鼻水とめるのは運動とか体を温めると止まりますよ。
でもじっとしてるとまた出るので、根本をなおさないとね。甘いお菓子や果物も体を冷やすので食べ過ぎにご注意を~
びわ
2014年11月08日 23:57
しらこばとさん、私は春は花粉症に
ならず秋のほうが鼻の具合が悪くて
周囲にも鼻水の人が多いのでブタ草
のせいかと思っていましたが、単に
アレルギーだけではないのですね。
「水毒」って初耳です。確かに水分摂り
過ぎは良くないとは思ってました。
猛暑日に麦茶を飲み過ぎて翌朝脚がパン
パンに腫れてからは程々にしています。
しょっちゅうお茶を飲んでる人と食事
の時位の人とタイプが分かれもの何だか
興味深いですね。体質かしら?
 
しらこばと
2014年11月09日 16:01
びわさん、お元気ですか~
わたしもこんな鼻炎は初めてです。今年の夏は台風ばっかりで暑い日がすくなかったような気がします。汗もかかないのに水分はくせで取ってしまうので秋になって寒くなって不調になったのではないかと思います。
漢方では人体をながれる気、血、水という概念があって水はリンパ系と説明されますが水分の代謝系のようです。代謝がわるいと体温が下がってアレルギー体質になるのだそうです。
あと、陰と陽という概念があって中庸がよしとされますね。過ぎたるは及ばざるがごとし、ムカシの人はええことゆうわ~。