レッスン始め

今年1回目のレッスンにいった。

先生はお正月から演奏のお仕事だったそうだ。

さっそくカールフレッシュ音階から
Dmol 5番 まずは音だしのため3音ずつ全弓で。
続いて1小節12音スラーで。アルペジオ 減7部分はくりかえし2回。
つづいて5番の後半の部分も半音階まで全部弾かされた。
あまり後半は練習してなかったので,不意打ちだ。しまったー!やっておけばよかった。
7番の6度は練習してきたのに,今日はやらなかった。

つぎはRode1番
Cantabile 「前よりよくなりました。もう少し強弱がつくといいですね。」
「長いスラーの部分の弓の配分、最初はすこしずつとっておくこと」
昼間部 トリル 長すぎないように 主のおとのテンポがきちっと取れること。
指の準備を手早く  これがたいへんなんだよね。
しっかり練習すれば出来る感じだ。
Rodeはいろんなテクの練習ができて、譜読みもけっこうたいへんだし、楽じゃない。
よくできたエチュードだなーと思う。
もっと練習に力をいれないと・・・

Bach ソナタⅡ FUGA
最初から弾いて今日は3ページ目の上まで進んだ。
2音 軽くPで
3音 しっかり目に高音のメロディがはっきり聞こえるように。
「右手を楽に。左手がむつかしくなると右肩が上がりぎみになるので、注意。」

きょうも楽しく、たくさん教わりました。
先生とのやりとりもだんだん漫才みたいになってきましたよ。
いえ、ふざけているわけではありません。いたってまじめですよ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント