発表会は?

昨日はレッスンでした。

そろそろ夏にある発表会の曲を決める話がありました。

「アンサンブルの曲が決まりました。これを弾いてね。」といわれ楽譜のコピーをわたされました。

ビバルディのコンチェルト何番だっけ?そのファーストだそうです。

去年は生徒全員でぱっへるベルのカノンをやりましたが、途中からなんだか音が入り乱れてわけがわかんなくなりました。

今年は大人と子供をわけて、

大人だけの5,6人のアンサンブルになりました。そのほうがいいかも・・。

私の曲は、今から新しい曲はできないので、今やってるバッハのアンダンテ、とそれだけではちょっと短いので

1楽章のGraveもやります、といいました。先生いうには、特に時間制限はないので、どれだけ弾いてもいいそうです。

そんなら、弾かな損、損 

さて、レッスンは音階、ハ長調。で、いつもボーイングの指導があるのですが、今日はみっちり、そればっかり。

元弓で弓がすこし浮き気味なので、浮かせないように返す練習。バッハではとくにしっかり弓が吸い付くようにひかないといけないそうです。

愛の挨拶はせっかく練習してきたのに、パスでした。

アンダンテ、
最初の方はいいのに、途中からついがんばって力が入ってしまうので、最後までゆったりとひくこと。

姿勢はよくなった。4重音、低音の2音をしっかり出して、弓も多くつかうように。

リズムはよくなった。

次回はGraveもみてもらうことになりました。

ミルシュテインのCDきいてると、リズムが楽譜どおりでなく、変幻自在にくずしてるのがすごくすてき。

いいお手本、あこがれだわ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント