谷川岳登山・・・途中まで

谷川岳に登りたくて、出かけてみたけど、このお天気じゃね。

画像

ロープウェイで天神平についてみると、10メートル先もみえない。

でも、せっかくなので、いけるとこまで、と歩き出して、1時間ほどで、熊沢穴避難小屋というところまで来た。
画像

ここから先は道が険しくなるし、お天気は悪くなるばかり。
ここで引き返そう。

画像

ロープウエイで下りてきた。
上がダメなら、ふもとがあるさ~。

谷川岳の岩壁見物コースがあるのだ。
ロープウエイ乗り場から電気自動車で一の倉沢まで乗せてくれるサービスがある。
ガイドさんがついて、ガイド料500円をはらうのだ。
女性のガイドさんで、けっこうおもしろかった。
画像

電気自動車の倉ちゃんと一ちゃんの2台があるのだ。時速19キロしか出せないので、のんびり走る。
この道は車も走れるが、今はマイカー規制してて、一般車は入れない。
だから、安全にのんびり歩けるトレッキングコースなのだ。

画像

一の倉沢。ここには看板や説明図がある。
すごい迫力だ。今日はガスで覆われてる。

ここからさらに足をのばして30分ほどで到着。
画像

幽の沢の岩壁。
画像

圧倒的迫力で迫る。天神平からみる稜線のなだらかさとは対照的な、谷川岳の真の姿だ。
遭難者を悼むプレートがあちこちに貼られていた。

ブナの森の中の道をぶらぶらとあるいて、ロープウエイ乗り場まで戻った。
2時間くらいかな。途中、電気自動車に追い越されたり、すれ違ったりした。
今日はトータルでけっこう歩いたので、十分歩き甲斐があったな。
あとは温泉だ~。
水上温泉にバスで向かった。
温泉街ではなにやらお祭りをやっていた。
画像

この町は東京芸術大学となんか関連があるのかな。
旅館の廊下など至る所に芸大生とか卒業生で有名な画家の作品などがたくさん飾られてた。
温泉は透明でなめらかないいお湯だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント