伊豆が岳から子ノ権現(ねのごんげん)ハイク

正月2日目は、またまた低山ハイク。

懐かしの伊豆が岳へ行って見ることにした。

伊豆が岳はヤマをはじめた頃、最初に行った記念の山。30年くらい前?

近場で行ける奥武蔵の中では、人気ナンバーワンの山。

特徴は山頂のくさり場であるが、今は危険なため「立ち入り禁止」とかって、ガイドブックに出ている。
ほんとか?

画像

西武秩父線 正丸駅 こんな売店が出来てる。前はなかったと思う。
やはり人気の山だから。
今日はお天気もよく、登山客はほどほどで、前後に適度にいるのでうるさくもなく、さびしくもなく、ちょうどいい感じ。

画像

登山口の案内板。正丸峠に出る道と、直接伊豆が岳の山頂に出る道がある。
短い方の直登コースにはいる。
1時間ほどで稜線に出た。緩やかに登っていくとほどなくして山頂直下のくさり場

画像

「危険」の警告看板はあるけど、別に立ち入り禁止ではない。
若い男性たちが数人登っている。
自己責任で登るのだから、いいんじゃないの・・
ムカシはみんな当然のようにくさり場をのぼったけどね。

私は、今回は巻き道の女坂を登るけどね。君子危うきに近寄らず。
画像

伊豆が岳山頂851メートル  これも新しく石の標識になってる。

画像

山頂からの眺めはすばらしい。奥武蔵の山々が一望。 向かいは大持、小持山 武川岳・・

おにぎりを食べて休憩して、登山再開。そこからはアップダウンのくり返し。

画像

古御岳、高畑山と名のつくピークを越えて、下ると天目指峠に到着。
ちょっとした縦走登山みたい。
画像


峠につけばあとは、子の権現までは緩やかな下りだけ、とすっかり思い込んでいたのがマチガイの元だった。

そこからまたまたアップダウンのくり返し。

あ~、また登りかよ~!!

地形図を最後までよく見なかったのが悔やまれる。
予測してればそれなりの覚悟が出来たのに・・
4回ほど予期せぬ登り道に悪戦苦闘。

いい加減足にキテル。もう疲れた~
と、ほうほうのテイで、子の権現にたどりついた。
画像

ここは足の神様?を祭ったお寺。
お参りをしてトイレを借りて、せっかくなので
足の健康祈願のお守りを購入。
画像


車で上ってきている参拝客で賑わってる。
画像


ここから西武電車の駅までまだ5キロほどあるのだ。
吾野駅に出るか、西吾野駅にでるか、似たようなものだけど、地図で見ると西吾野駅に出る道の方が10分ほど近いようなので、西吾野駅に出る道に入る。
車道から林業の作業道のような山道をひたすら下って、ようやく西吾野駅に到着。
やれやれ、けっこうな道のりだった。
歩程6時間。
教訓 地形図の読み方が甘い!
と、反省点はあるものの、
でもいいお天気で楽しい新春ハイクだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント