札所1、2,3,4,5番とおまけの10番 その1

連休最終日の昨日は、よく晴れて風もなく、お出かけ日和。

でも、秩父線の乗客は休日にしては少なくて、地元の人がちらほら、といった感じでした。
どうしたのかな、とよく考えたら、ああ、コロナのせいかな?とようやく気が付きました。
観光客は団体のグループはいなくて、一人二人か、家族連れくらいですね。

さて、札所巡り。
今日は1番から5番までの予定です。
和銅黒谷駅で下車。駅前から1番札所四萬部寺をめざします。

途中、瑞岩寺という禅寺があるので立ち寄ります。

DSCN3525.JPG

向こうの武甲山に向かって、国道140号と並行した旧道の巡礼道を歩きます。
車も通らず、のんびり歩けます。

DSCN3526.JPG
あたりは春の香りでいっぱい。

DSCN3529.JPG
瑞岩寺の仏様。ヘアースタイルがユニーク!
相当古い御像みたいだけど、当時こんな髪型してたのかな?と興味深い。

この先をさらに左のほうに歩くと、ようやくつきました。
DSCN3543.JPG
1番札所 四萬部寺
車で来た人たちでにぎわっています。
外人さんもいます。

DSCN3537.JPG
有名な匠によって建造されたとかで、さすがに凝っています。
地獄図と極楽図の彫刻が施されて、リアル!
すぐ近くには老舗の旅館もあって、古くからにぎわってたのですね。

DSCN3550.JPG
道しるべ石。「右三番、左二番」と書いてあります。
左の二番をめざして、民家の並ぶ道をだんだん山のほうに登っていきます。
DSCN3551.JPG

2番の真福寺まではちょっとした山登りです。
やがて、民家が途絶える先は、舗装された道が山の上のほうにつづいていて、
これ、結構たいへん!
ハイキングみたい。
少しでもこう配を緩くジグザグに登っていくと、さっきの外人さんの男女二人連れが、息を切らせて立ち往生してました。
適当に声をかけて、追い抜いていくとやがて、道が開けてお寺の駐車場の広い場所に到着。
さすがに山の上らしく、珍しい鳥さんも出現。
DSCN3553.JPG
アカハラです。3羽いました。
DSCN3564.JPG
石段を登ると、2番札所真福寺の観音堂。金色の観音様がみえました。
DSCN3563.JPG
この絵がまた、おもしろい。
何やら由来がかいてあります。老婆が過去を懺悔してどうのこうのと・・
いつ頃誰が書いたんでしょね?

ますます面白くなってきた札所巡り。
この後まだつづきます。
画像の容量がいっぱいなので、きょうはここまで。

つづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント