おりこうなうちのルリちゃん

鳥は人の言葉がわかる?
うちのインコのルリちゃん、簡単な言葉がわかるようです。
「マンマ」というと人間が食事をするのにあわせて、自分もえさのところに行って、えさを食べ始めます。
夕方、あたりが暗くなるころ、かごにもどして、「ねんね」というと、自分でお休みテントにもぐり込んでいきます。
体内時計みたいなのがあって、夕方頃には眠くなるようです。
ほかにも簡単な言葉を言い聞かせていると、何となく意味を理解するのではないかと思っています。
言葉と一緒に人間が有る動作をするのでわかるのかも。
「おるすばん」というと、飼い主がでかけるのがわかるのか、呼び鳴きをやめておとなしくなります。
「のんの」というと、手のひらに乗っかります。
とってもお利口です!
犬が「お手」「おすわり」という言葉をいうと、決まった行動をするのと同じレベルなのかどうかわかりませんが。

この連休は鳥見のお出かけの予定が、お天気がわるいのと、まだ
鳥さんの飛んでくるには早すぎたので出かけずに、ルリちゃんの相手をしていました。というか、遊んでもらいました。
画像

窓の外をながめてゴキゲンのルリちゃん

"おりこうなうちのルリちゃん" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]