新たなスタート

バイオリンの記事は久しぶりです。
実はちょっと落ち込んでいました。
今までの先生のところはもうやめました。メールのやりとりだけでお別れとなりました。
新しい先生が見つかったことを喜んでくださいました。
人間的にも好きだった先生なので、やっぱりショックがじわじわと来て、思い出すと泣けてきたりして、「うつ」でした。
新しくかようことにした先生とは、まだちょっと違和感があって、ほんとにこの先生に今後ついて行くのか、まだ流動的です。

この先生、とにかくおしゃべりがお好き・・。最初は緊張している私をリラックスさせるためなのかな、と善意に解釈しましたが、どうもそうでもないみたい。よく言えば天真爛漫。
北の町からきて2,3年くらいだとかで、こちらの町の情報もよく知らないみたいで、「おいしいレストランとか、しらない?」って、、。そういう話ばっかり。
でも、バイオリンに向かうと、がらっと変わって、私のフォームの問題点を一目で見抜いて、「ここで力が入ってるから」と、丁寧にみてくださいました。さすがです。
ウイーンの高名な演奏家の元で修行したとか、。その話も長い!
先日1回目のレッスンに行きました。
こちらからいわないと、フォームとか音階とか、みてくれないみたい。すぐに曲をやるような体勢。
「楽しくやりましょうよ~!」っていう先生。
前の先生は、ボーイング、音階、エチュード、曲、とどんどんリードしてくれて、いわれるままにやっていればよかったので、ずいぶんと違うな~と。

「先生、ボーイングをみてください」といって、こちらからいろいろ質問すると、丁寧に教えてくれます。
練習方法も教わりました。
しばらくはボーイングと音階、曲はベトベンの「ロマンス」ヘ長調をやることになりました。
その後はローデをやることになりそうです。
終わった時間は20分超過していました。ま、レッスンはちゃんとやってくれるのでいいか・・

先生が替わると、改めていろいろ基礎的なフォームとかボーイングをみて、変なところを指摘してもらえるのでよかったかも、です。
帰ってから、ボーイングの修正をメインにやっています。力がぬけて自然な動きになって、格段によくなったと思います。もちろん当社比ですが!

後は、問題はあのおしゃべりにどうやって対抗するか
レッスンの内容はとてもいいように思うので、何とかこちらのペースにもっていけたらな、と、、。
こういうのも一つの闘いではありますね・・
これからはペースをやや落として月2回レッスンでのんびりやっていくつもりで~す。

"新たなスタート" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]