10年は長い?

バイオリンの話題あれこれ
バイオリンをはじめてから10年経ちました。
ちょうど2001年のGWあけにYAMAHAのグループレッスンとやらをやってみようかと体験レッスンにいったのをよくおぼえているのです。
それから5月中に2回ほどいって、教室の備え付けのサイレントバイオリンで、スピーカーにつないだり電源の入れ方とか、そういう準備がけっこう大変で、そのあと、松ヤニのつけかたとか、構え方をやっとおそわって、開放弦でギコギコやったら、それで時間切れでした。
6月にはいってやっと、その店で、自分のサイレントバイオリンを買ったのです。

そういえばあのとき先生は普通のバイオリンの方をすすめてたよね。ミュートつければ音小さくなりますよ、って。
でもなんか不安でサイレントの方を買ってしまったのでした。
最初からあこーすてっぃく(つまり普通のバイオリン)にしとけばよかったんだよね。
それからはもう試行錯誤の連続で、いまおもえば、私、あほというか、回り道ばっかりしてたような気がする。

10年続いたのはほかの趣味からすれば長い!でもこの世界ではまだこれから、という段階。
続けられたのはとにかく楽しいから。これからもつづけますよ。

さて、このところ凝っている自力整体。
私の場合、バイオリンで最近左肩を痛めやすくなってるので、練習の後、ストレッチ代わりに自力整体をやって、どのやり方が効くのかいろいろ研究中。
ちょっとの角度の違いで、かえって筋を痛めかねないので、よーく体に聞きながら、気持ちのいいようにやらないといけない。決して痛いのにムリにやってはいけない。
けっこう微妙~。
またDVD付きの本を2冊追加で買った。似たようなものなのだけど、、。
ほんと凝り性なものだから、、。

"10年は長い?" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]