楽器調整と毛替え

きょうはあぢかったー!。
久々に東京に出て、研修でした。ガイタメ法のお勉強でした。眠かったです。(以下、略)

研修会場がたまたま楽器店のある場所と同じ駅だったので、バイオリンを担いでいって楽器屋さんに先によって「調整と毛替えをお願いします。」といいました。すると、

店員さん 「調整はどういう調整ですか?」
私 「えっ?・・調整、しかわかんない・・」
店員さん(苦笑い) 「どこか気になるところありますか?」
私 「いえ、特に・・。あ、ちょっとニスのはげたところあるので直してください。」
店員さん 「みたところ、悪いところはなさそうです。では、ここのリタッチだけなのでサービスで。。」
というわけで帰りに受け取りに行くことにして楽器を預けました。

ニスのはげたところというのは、インコのルリちゃんを肩に乗せたまま練習していて、楽器をおろしたときにルリちゃんの落とし物が楽器の上に落ちてしまったのです。
慌ててティッシュでふきとったのに、なぜだかこびりつきがとれなくてニスがほんのすこしはげてしまったのです。
鳥のフンにニスを傷つけるような成分、消化液とか繊維とか?があったのでしょう。要注意です。
帰りに受け取りに行くと、はげたところは見た目は目立たなくニスと同じ色がぬられていました。
毛替え代6300円を払って楽器を受け取りました。
これで今年のメンテを済ませて一安心。

今週のレッスン記録を忘れてました。
ドント4番
ト長調のハイポジの重音がややこしい。

私、「先生、隣の指の位置関係がすぐにわからないんですけど・・どういう練習をしたらいいですか?」

先生「うーん、まあ、慣れだから!」

私(心の声) 「6度の重音音階をやれ、っていえばいいのに・・」

先生「これはそんなむつかしい曲ではないから・・すぐに出来るから・・」

私(心の声)「うーん、やっぱりアバウトだなあ。」

あとは後半の弓を落として飛ばすリコシュの特訓でした。弾いてはダメ、弓を落とす。2,3度バウンドするのをじゃましない。うーん、つい弾いてしまう。要練習です!

ドントは3番、4番をやって思ったのは、これはクロイツエルと同系統の練習曲で、でもクロイツエルよりやや音楽的にできてて、高度な重音にポジ移動とか、転調とか、で音感が鍛えられるのではないかと思います。
でも超絶技巧と言うような超越した技術ではなくて基礎の上に積み重ねて着実にものにできる内容ではあるな、と感じました。練習を積んでいけばかならず出来る、と確信。とてもよくできた練習曲です。

曲はブルッフのコンチェルト、ト短調。
譜読みがあまりできてないので、リズムがむつかしい。後半はなんだかよくわからないリズム。
楽譜は先生の恩師である江藤俊哉という大先生の指示が書き込まれた楽譜のコピーを先生がくださったもの。
その江藤先生独自の指示が書いてあるので、スラーにアップダウンが書いてあったり、指番号がいくつもかいてあったり、わかりにくい。
でも弾き込んでいけば、この指示の意味がそのうち理解できるかも・・

ブルッフ(の曲)ってかっこいい

"楽器調整と毛替え" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]