最近のマイブームと健康法について

今日は朝から自力整体のDVDをフルコースでやりました。
最近の不調は軽い腰痛、これは車の運転時間が多いせいと思います。休日には直るので・・。
あとは左肩がちょっと痛い。これはバイオリンの練習で、フォームがまずいせいでしょう。
自力整体をやったらだいぶん楽になりました。

最近のマイブームは自力整体に加えて、これ!
画像

びわの葉茶です。
画像
 これで400円くらい。
私はこういう健康茶みたいなものが大好き。自然のものに限ります。化学的に合成されたものはダメです。
はと麦茶と熊笹茶をすこしブレンドして煎じます。

びわの葉は古来から万能薬として温灸療法というのが普及していたそうです。
6月に職場の日帰り旅行で房総へ行ったとき、びわ狩りを楽しみ、お土産でびわの葉茶を買って帰ったのですが、これがすっかり気に入って、通販で追加で取り寄せました。
煎じるときれいなピンクがかった色をしていて、香りがよくて飲みやすいです。
この夏は熱中症予防に、毎日これをボトルに入れて持ち歩いては職場でもちびちび飲んでいます。
何に効くかは実験中、です。
アトピーとか、がんに効くとか書いてありますが、すぐ信用するわけではありません。

飲み始めて1ヶ月。いまのところ自覚症状としては、歯槽膿漏が時々ハレていたのがまったく腫れなくなったこと。
高血圧気味で耳鳴りがしていたのが、ほとんど消えたこと。ですね。
あとは特に不調がないこと、これは前からなのでこのお茶の効果かどうかは不明です。

風邪は7年くらい前、インフルエンザにかかって1週間寝込んで、(葛根湯を飲んだだけ)すっかり回復したあとは全く風邪を引かなくなりました。免疫ができたんでしょう。
風邪は1年に1度くらい引くと体の不要物が排泄されるので、引きたいのに引かないです。
毎朝2回排便があります。起きた直後と、1時間後ぐらいに2回目。便秘とは無縁です。

20代の頃は煙草を1日1箱吸って、お酒も飲んでいました。野菜をあまり食べませんでした。
30代のはじめ、ぜんそくにかかって2回救急車のお世話になりました。
市立病院の医者に、「ぜんそくは治らないから一生薬でうまくコントロールしていくものだ」、といわれました。
私はそんなはずはないと思い、それからは民間療法とか、東洋医学系統の健康管理の勉強をするようになりました。
人生観がかわりました。ヨガや太極拳、登山をするようになりました。

その後半年で発作はでなくなり、1年後には完治しました。とくに「断食」で生まれ変わったような気がします。
宿便が出て、皮膚がぴっかぴかになりました。
一番大きな力になったのはヨガ関係の考え方だと思います。
これは当時から持っているヨガの考え方を書いた本で、健康法のバイブルとなっています。
画像

沖正弘というヨガの研究者の著書。「病気を活用した自己改造法」という副題がついています。
病気は生体をまもる自己防衛の仕組みなのでこれに耳をかたむけよ、という考えなのです。
人体とか生命の働きについて深い洞察と実践力が圧倒的です。
今では絶版になっているようです。ちょっと古い時代のものなので。

最近読んでいるのはこの人の著書。
画像

この人もヨガが原点になっているのでいろいろおもしろいことが書いてあります。
といっても、かなり過激なのでそっくり実行することはまず不可能ですが。出来る範囲で取り入れようと思います。
こういうの、いろいろ試したりするのは楽しいものです。
でもごくごく普通に生活しています。

"最近のマイブームと健康法について" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]