師を選ぶ基準

昨日は3週間前に行った体験レッスンの先生の教室へ、1回目のレッスンを受けに行きました。
ほんとに気さくな先生で、年齢がたぶん同じくらいか、ひょっとして上かも?と思われるベテランの先生です。
で、さっそくボーイングのフォームとか、手やら肩やらさわりまくられ、気持ち悪いくらいとにかく「いじくり回された」、といっては悪いんですが、事実その通りで、あれもダメ、これもダメ、といままで積み重ねてきたことをあまりに否定されることをいわれはじめたので、「ちょっと、それは受け入れられない・・」と私の脳内ではだんだん拒否反応が始まりました。

その先生のやり方はそうなのかもしれないけど、私も10年やってきて、試行錯誤を積み重ねてやっと身につけたことがあるので、それは大切にしたいと思っているのです。特に7年間教わったR先生に教わったことを、ちょっと修正というレベルではなく、100%否定されるのは受け入れがたいのです。
詳しくは書きませんが、主に構え方のフォームとか、左手の肘の位置とか、あと、決定的なのはポジション移動の仕方。はじめて見る楽譜をほんの少し弾いただけで、「下ルのが遅れる」といわれ、このエチュードをやりましょう、といって先生が取り出したのが、篠崎教本の3巻のポジション移動の基礎のところの、最初にやる練習、シー、レー、レーシー、ってだれもが最初にやらされる練習のところ。当分ここの練習を7ポジまでやって、それまではポジション移動をする音階、3オクターブとか、はやらないように、って!!いままでの癖がついてるからって。
「音階練習するなって?、そんなバカな!」、と心の中で叫びました。やってられないよー!

私の、先生を選ぶ基準はその先生の指導が、
「一番基本的な部分、フォームとか左手の運指とか、について、これまでなんとか確立してきた方法と、大きく矛盾しないこと」です。

その基準からすると、ちょっとこの先生にはついていけないな、とまたまた例によって私の中のうるさい「審査委員」が「NOサイン」を出し始めたので、終わる頃、次はいつ来るかと聞かれて、「8月は未定だから追ってメールいたします。」といってそそくさと帰ってきました。二度と行くもんか!
というわけで、もうその先生のところには行かないことにします。
別に悪くもないところをあれこれいじくられるのはいやだー!(・・これだからオバサンは扱いにくいよね)

今教わってる先生はあまり基礎練習をみてもらえないので、あわよくばその辺をしっかり指導してくれる先生を見つけて、月1回くらいのワンレッスンで通おうかな、というもくろみは見事に玉砕です。もうそれはあきらめました。

これからはその辺は自分で練習メニューを考えて行くことにしました。
というわけで、体験レッスンは失敗に終わりましたとさ。

"師を選ぶ基準" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]