ブルッフは簡単だって?

先週も今週も緊張する仕事がつづいて、どうもバイオリンの方は練習がいまいちできませんでした。
ようやく一段落してゆっくりできます。
今週はレッスンがありました。
新しいBAMのケース持参です。先生宅の玄関を上がると、さっそく先生の眼に止まり、「まあ~、ケース買ったのね~!」と私のケースをかかえて2階まで運んでくださいました。
先生がうらやましがったのは、ダイヤルロックの部分。先生のは初期の製品なので、普通のキーを突っ込んで回す旧式のです。これがふとした拍子にロックの金具を引っかけてしまって、パカンと開いてしまうそうです。
盛んにいいわね-と連発。でも先生はただでもらったので、文句言えないと言っていました。

さてレッスン内容は
ドント4ばん。リコシュのところから最後まで。リコシュは弓を落とした弾みで弾くので、スピードは自然と早くなります。最初はうまく飛ばなくて手でコントロールしてしまったのでゆっくりになってしまいました。
もっと速く、といわれて、2度目に弾いたら弾みで弾けました。慣れ、ですね。これは、、。
次は続いて5番の最初の3分の1まで弾きました。
これはG、D線、とかA、E線を手首だけでクルクル移弦する練習。
ポジ移動が複雑なのでまだ、ゆっくりしか弾けません。左手に慣れたら、右手の練習に集中できるのに、、。
左手がややこしすぎる!!
次回も引き続き5番が宿題。

曲はブルッフ1番第1楽章。
最初から、今日は中盤から、ラストのアルペジオのところまで弾きました。
最後の3段はまだみていません、というと、あら~こんなちょっとだけ残して・・。と笑われました。
「せんせ、中盤の譜読みだけでけっこう大変だったのです。」
今週はここまでで精一杯でした。

先生いわく、「ブルッフは簡単でしょ?、で、次は何にする?」って!
「せ、せんせ、当分これでいいです。」すくなくとも2ヶ月ぐらいは弾かせてもらいたいんだけど・・・


8月はレッスンは2回だけ予約して、ワンレッスンで受けることにしました。

"ブルッフは簡単だって?" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]