初レッスン

先生に年賀状をだしたらお返事をいただきました。
そこには「いろいろな曲をどんどんやっつけて楽しみましょう。」とかかれていましたよ!

さて、今日は2012年初のレッスンがありました。

先生宅の飼い猫に家族が増えて猫の話でもりあがったあと、ようやく
「さて、ではぼちぼちと。」で、
カールフレッシュ音階Dmol5番。
ちなみに1から4番というのはGDAE各線1本だけで音階を上り下りするパターンです。
5番はGからE全部を使う総合音階みたいになっています。
カールフレッシュの音階は上り下りをくりかえして、途中、♯や♭がついたり、エチュードに近い構成になっていて、指の配置に加えて耳で聞いて音を取る練習になっているようです。
小野アンナよりずっとおもしろいです。

続いてDmolの3度をやりました。短調の3度音階ってなんだかなじめなくてわからなくて、いままでやってこなかったのでこれからやるようにしようと思って、気合い入れて練習しました。
先生も短調はBからいきなりCisに飛ぶのでむつかしい、といってました。
音楽を知らなかった者にとってはいっそう、なじみのないのも無理はない、らしいです。

先生がバッハの無伴奏曲集をこれから音階代わりにやるようにしましょうと言われました。
カールフレッシュは自分でやっておいてください、だって!
先生指定の楽譜を教えていただきました。
パルティータでもいろんな人が書いたのが出版されているそうです。
もちろん先生の師匠である、欧州の演奏家の編集による楽譜を指定されました。
そんなテキストを書く大先生の弟子だったというのもすごいです。

つづいてエチュード、ドント11番。
のっけからこの3重音はとても指をひらくのでたいへんなのです。
前半はまだいいとして後半からはもっと指を開く、とんでもない和音がでてきます。
先生も同じことをいいましたよ。
「ありえない!」って。
やっぱりね。
腱鞘炎になるから無理をしないようにと言われました。適当でいいから、て。
おいおい、先生がそういうこと言っていいのかよ・・?

最後は曲。きょうからヴィエニアフスキーのコンチェルト2番です。
最初から1ページと半分くらいなんとか譜読みは進めました。
「ブルッフより曲らしく弾けてる」そうです。
ヴィエニアフスキーはバイオリニストだから弾きやすいでしょう、とのことです。
たしかに流れるようなメロディがすてきです。
このあとが大変なんですけど・・・。
ガンバろ。
今日も1時間30分のレッスンでした。

さて明日から試験勉強モードにはいります。
計算問題をあと1週間でやっつけないと・・です。

"初レッスン" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]