3月レッスン1回目

またまた遅れましたが、今週あったレッスンメモ。

買ったばかりの弓は先生に好評で、いいな、いいな、とうらやましがられました。
先生はいい弓を買うために貯金していたのが、娘さんの教育費に消えてしまったそうです。もっともその予算の額はちょっとけたちがいですが、、。

バッハ無伴奏。パルティータ1番最初の曲は難しそうなのでとばして、Doubleをやってきました、といったら、
先生、「ああ、ドゥーブルね。」ですって。発音が違う-。「ダブル」じゃないんだ。
ゆっくり目にひいて、音程は合ってるから、つぎはもう少し速く弾くといいそうです。
1番目のALLMANDAもゆっくりの4拍子でひけるだろうから、やってみてね、といわれました。

ドント2番。これはあまりやっておなかったので、進歩なしで、一通り弾いて何とか思いだした程度。
次回、もう少し速く弾けるようにやってきます、ということで継続。

曲はヴィエニアフスキーコンチェルトの2楽章。
先生のピアノに合わせて弾きました。
先生にいただいた楽譜のコピーは、先生が実際ソロで演奏につかったものなので、途中音程のややこしいところや、指番号のややこしいところ、あっぷダウんが、もういっぱい書き込みがあってどれがどれだか訳がわからない状態です。
なんだかすごく弾きにくいので、自分で弾きやすい指番号に勝手に変えて弾きました。
その辺はどれでもいいみたいで、アバウトです。
音楽的にきれいかどうかより、弾きやすいかどうか、がとりあえず優先です。
次回は3楽章も譜読みしてやってみましょうと、いわれました。
3楽章はすピッカーとの連続で、難しそうです。
でも、ちょっと挑戦してみることにしました。
おしまい。




"3月レッスン1回目" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]