初レッスンは・・

今日は今年初めてのレッスンでした。

1ヶ月ぶりにお会いしたので、お話ですっかり盛り上がってしまいました。
やはりお年頃も近いせいか、健康に関する話題が多いです。
わたしは30代の頃太極拳をやっていたので、先生にいろいろ質問されました。
先生もなにか、そういうものを始めたいそうです。
「太極拳は見た目とちがってやってみると大変なので、10人中9人は半年でいなくなります。で、残った人はおもしろさに目覚めて夢中になります」、とお話しました。
先生は興味津々のご様子でした。

しか~し、いかん!
すっかり先生のペースにはまって、おしゃべりしてしまう自分がいますよ!
先生とお友達みたいな関係になるのはマズイよ・・


やっと今日のレッスン

バッハ パルティータ3番 ガボットenロンド

一度目は重音のところでもたついたけれど、2度目はわりとスピードも出せて弾けた。
前に一度やってると、やはり弾きやすくなってる?

パガニーニ 20番
最初の5段 D線の開放弦を挟んで、G線とA線のハイポジで弾く重音の弾き方を教わった。
へ~、そうやって弾くんだ!とびっくり。
3重音を2音ずつに分けながら、同じ弓で往復させるというもの。
意外と簡単なんだって、言うけど、やってみたらむつかしかった。
パガニーニはこういう変わった技がでてくるけど、
先生いわく、「話の種にするつもりで」
ひいてみればいいんだって!
ほかの曲では出てこないそうです。

サンサンス コンチェルト3番Hmol
最初の1ページ目だけ
G線だけで弾く、まるで「G線上のアリア」
力を入れないように、スマートに弾かないといけないそうです。サンサーンスの曲は。
ついごりごりしたくなるけど。
さすがに「上のレのおとはD線でいいですよ、」といわれました。
「助かりました。」とお答えしました。
今日はそこまででおしまい。
おしゃべりに時間がかかったけど、レッスン時間はしっかりかかって、やはり30分以上超過してました。

"初レッスンは・・" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]