行進曲かっ?!

今週あったレッスンメモ、メモ。

えーと音階から。Edur
ハイポジションのところ,親指の位置。思い切って指板の横に持ってくる。
しっかり顎で楽器を支えれば大丈夫、だって。

エチュウドの代わりの小品シリーズがはじまった。
右手の練習、ということらしい。

今回はグノーのアベマリアという曲。
P(ピアノ)の出し方。
指板の方に寄せて,弓の毛を少なくする。
スピードは落とさず。
小指で弓の重さを感じるように。
人差し指は押さえない程度でいい。
力が入るとぶれる原因になる。

この曲はこれでおしまいで、次回は「タイスの瞑想曲」を弾いてきてくださいって。
楽譜はありますか?っていわれたので、
探せばあると思います,っていった。

ちょっと自分で弾いてみた覚えがある。
たしか、バイオリン名曲集みたいな自分で買った本に載ってたと思った。


曲はバッハのソナタ2番アンダンテに取り組んでるわけだけど。
だんだん慣れてくると、重音をボワンと出して力をぬくと、けっこう音が響くので
その調子でやってたら、なんだかボヮン、ボヮンと、アクセントつきすぎだってー!

行進曲かー?!

自分でもこりゃ、ちょっとちがうんでないかな、とおもってると、
やっぱり先生にも言われた。

アクセントつかないように静かに、って。
そう、アンダンテって貴婦人が優雅に歩く様子だって、音楽用語辞典に書いてあったのを思いだした。
今日はうまく弾けなかったな。
まだまだ、練習。


"行進曲かっ?!" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]